愚者のジャンクション「復讐はいけないことだからです」

くっっっっそ面白い作品だとは思ってるしすっごい大好きな作品ではあるんだけど、実を言うと結びの一文「復讐はいけないことだからです」の意味がいまだによくわかってないんですよね。

いやまあ今下巻を読み返したら「みんな自分の身を守りたいから」っていうシンプルな回答がクライマックスに書いてあったんですけど。復讐は連鎖するものだから復讐をおおっぴらに許可しちゃうと自分もいつか刺されるかもしれない、それが嫌だから復讐を禁じる、まるで悪党の論理じゃないかって書いてたんですけど。

まあ、この世に真実なんかなくて、あるのは事実と都合のいい解釈だけらしいので……

 

まず復讐というのは連鎖するものなので、どちらかを完全に根絶しない限り、やられたらやり返す→それに対してやり返す→それに対して……で無限にループしますね。まあ端的に言って地獄です。

つまり復讐というシステムは地獄を生み出す装置なわけです。

実際本編でも止まれなくなった十文字はクライマックスで学校を地獄に変えてますし。下巻291ページ、青山の『だが、諸々間に合わなかったな。十文字が助かれば復讐は続く。十文字が助からなければ翡翠が地獄を作る。我が輩は、やる時には徹底的にやるぞ』って一文が僕はすごい好きです。この話の主要人物ってほとんどが高校生のはずなんですけどその気になれば地獄くらいは作れる高校生なんですよね。望めば地獄を作れるってことが当然の前提として共有されているんですよね。すごいね特進科。それはともかく。

とにかく、「やられたらやり返す」というシステムを認めてしまうと無限の復讐地獄が生まれてしまうわけです。まあたいていの人間は地獄なんか望んでないと思うので、良識あるフツーの人間は「復讐はいけないこと」だと言うわけです。

でも、その理屈はやられた側からするとたまったもんじゃない。やられたのにやり返すことも許されずやられっぱなしでいろと言われる。『その言葉を盾に、お前らが笑って、俺たちが泣いてるんだろうが!!』って絶叫がそれですよね。書いてて思ったけどここまで当たり前の話しかしてねえな。まあ前置きはこのくらいにして……

でも、下巻の最後には『ストレスは他人に擦り付ける方が気持ちいい』っていう灰賀選手の発言があるわけです。そして、上巻主人公である十文字に対しては「復讐が彼のアイデンティティ」「彼はただ復讐がしたいだけ」みたいなことも言われているわけです。

つまり復讐って気持ちいいんですよ。「死んだ新谷のため!」っていう大義名分があるならなおさら気持ちいい。「部外者が何を言おうと、自分は正しいことをしているんだ!」って確信が持てるので。「新谷が殺された」「もう二度と会うことはできない」っていうストレスは、新谷を殺した犯人に擦り付けたほうが気持ちいい。

でも、新谷は無辜の被害者じゃなかった。彼女もひとりの悪党だった。「やられたらやり返す」システムで行くならやり返されて当然の人間だったわけですね。

十文字はやられたらやり返すメソッドを肯定してきた側の人間なので、「新谷のために」と動く彼も「新谷も実は悪党だった」と知れば白丁花の復讐を認めるしかないはずですよね。本編では結局最後まで知ることがなかったけど、「新谷が悪党だったと知れば、十文字は復讐という行為そのものに向き合わなくてはならなくなる」ってどっかで言ってましたね。

 

で、ここからが僕にとっての「都合のいい解釈」なのですが。

「復讐」という行為そのものと向き合える人間って実はあんまりいないんじゃないか?っていうのが、僕の思う「復讐がいけないことである理由」です。

 

「復讐は新しい復讐を生むだけ」っていうのはもはや復讐を止める決まり文句みたいなもので、それに対して「じゃあ泣き寝入りしろっていうのか」って返すのも決まり文句なんですけど、

これ、復讐を止める側はもちろん、たぶん復讐を実行する側でさえ、「復讐は新しい復讐を生むだけ」っていう言葉の意味とちゃんと向き合えてないんじゃないかな?と。

 

それまでの飼育部は相手を完全に根絶することで復讐の連鎖を断ってきましたから、「新谷が復讐される→その復讐に対して復讐する」って形で実際に復讐が連鎖するところを見るのはこれが初めてだったと思うんですよね。

「復讐は新たな復讐を生むだけ」って口で言うのは簡単ですし否定するのも簡単ですけど、実際に生まれた新たな復讐を目の当たりにしたことがあるのかって話で。

 

十文字には「新谷の仇を取る」っていう目的がありましたけど、大義名分という眼鏡をかけてしまった復讐者には「事態を客観的に見る」ってことができない。

「やられたらやり返す」という理屈はこの世に地獄を顕現させるシステムで、復讐というのは本来とてもとても重たい行為です。地獄を作る覚悟がある人間以外はやっちゃいけないことのはずなんですよ。

でも実際のところはどうかというと、大事な人を亡くして復讐を決意した復讐者にあるのは悲しみと、あとは憎しみくらいです。そして復讐者は悲しみと憎しみに酔ってしまう。悲しみと憎しみという色眼鏡をかけた復讐者には、復讐は地獄を作る行為だとか、復讐には覚悟が必要だとか、そんなこと一切目に入らない。「そんなこととっくにわかってる」「とっくに覚悟の上だ」って本人は言うでしょうけど実際はわかってないんですよ。大事な人の無念をどう晴らすかで頭がいっぱいになっていて、復讐という行為について深く考える余裕がない。正気で向き合っても地獄しかない理屈に狂気の人間が向き合えるわけがない。「覚悟はできてる」「わかってる」って口だけならいくらでも言えるけど彼らは地獄を軽視しすぎている。”地獄”ってそんな安っぽい言葉じゃない。そこにあるのは本当の地獄なんだけど、復讐に目が曇った人間にはそんなもの見えない。今自分が置かれた状況こそ本当の地獄だと思っているから。

「復讐は新たな復讐を生むだけ」って、すごい安っぽい言葉に聞こえますけど、じゃあおまえはこの言葉に本気で向き合ったことがあるのか?っていうと、「そんなことができる人間はいない」ってことになるんじゃない?と。だからこそ「復讐はいけないこと」なのだ、と。

 

日ごろツイッターで回ってくるフィクションにおける復讐の扱いに関して一家言あるんですよ~みたいなツイートがもう本当に気に入らなくて気に入らなくてしょうがない僕にとっての"都合のいい解釈"はそんな感じなのですが。

でもまあ、これはあくまで僕が被害者の立場にいないから言えることであって、実際誰かに痛めつけられて復讐を決意してる人の前に「おまえ本気で復讐っていう行為そのものと向き合ったことあんのか?」とか言いに行ったらぶち殺されるだけだよなあ、とはちょっと思う。